私のムダ毛自己処理の歴史

私はもともと女性にしては毛深い方で中学生頃から悩みの種でした。
親は全然ムダ毛がないので どう処理をしたらいいのかアドバイスとかはありませんでした。
なので普通のT字カミソリでジャージャー剃っていました。
特にわきの処理をするのは難しくて よく違うところを剃ってしまって血がでたりして、プールの時期は憂鬱でした。

高校生になって女子高に進学してから、
友達とムダ毛の処理法とかをオープンに相談できるようになって私の処理法が酷過ぎると分かり、
友達の勧めでワックスで処理をしてみました。

普通の人だと一回で処理が大丈夫みたいですたが、
私は多めに塗っても全部処理ができなくて、最終的にはカミソリで処理していました。
その後何もボディークリームとかを塗っていなかったので、肌がボロボロでした。
脚の毛もワックスで処理してみたのですが、結果は一緒でした・・・

友達と一緒に毛の処理をしていた時、雑に剃っている姿を見られて引かれたことがありました。
肌がボロボロでサメ肌よりも荒い肌になっているのを見られて恥ずかしかったです。

大人になっても二度手間かかるのが面倒くさかったのでカミソリで処理していたのですが
今度は抜いて処理してみたらと言われてやってみました。
初めはとても痛くて時間もかかっていたのですが、毛が生えてくるサイクルが短くなったので全体の毛を抜く処理にするようになりました。

指にも毛が生えているので、こまめにチクチク抜いていたのですが、
肌が鳥肌のようにポツポツになって気持ち悪くなってきたし、
雑菌が入って黒ずんだり、毛孔に埋没毛が出来たりしてきたので止めました。

今、中年になったせいか前よりも毛が生えてくるサイクルが長くなってきたので
少し高いカミソリを買って石鹸をつけて剃って
その後、ボディーミルクやジェル等を塗ってケアしています。
若いころより肌が柔らかいかも・・

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です